金融商品としての預金

銀行で取り扱っている金融商品でも最も一般的であるのが預金でしょう。銀行といえば預金というくらいです。

金融商品としての預金は大きい括りで分けると、普通預金、貯蓄預金、定期預金に分けられます。

預金の特徴としては、まず他の金融商品よりも安全性が高いことが挙げられます。元本保証があり、その上、1,000万円までなら倒産するなどで、銀行自体の支払い能力がなくなったとしても預金保険によって保障されるのです。

お金を引き出すのに連絡が必要だったり、引き出し不可能な期間があったりするかなどの流動性ですが、これは普通預金、貯蓄預金、定期預金の順に流動性があります。
普通預金を下ろすのに窓口に出向かなくてもATMでOKです。
定期預金などは急な入り用などで中途解約すると利率が下がったりする場合もあります。

安全性が高いことで預金は金融商品としては収益性は高くないことになります。すべての金融商品は安全性と収益性は相反する性格を持つことになります。
定期預金であれば普通預金よりも金利が高く設定されています。定期預金はじめかたガイドで、有利な金利のネットバンクを活用してみましょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« 便利なネットバンク | ホーム | 住宅ローン »

このページの先頭へ