投資信託

投資信託は顧客から預かった資金を投資信託委託会社が、国内外の株式、債券、不動産などに投資して運用するものです。

資金をまとめ、多くの対象にプロが分散投資をすることに特徴があります。
銀行は顧客に投資信託商品を販売し、分配金と償還金の支払いを行い、信託銀行が財産を保管し、分別管理しています。

株式を組み入れないものを公社債投資信託、株式を組み入れるものを株式投資信託といいます。
目論見書に、ファンドの特色(投資対象や分配方針など)、リスク、運用実績が書かれています。
投資家に対して、一定期間ごとに運用報告書が交付されます。

売買時には商品により、購入時手数料と信託財産留保額がかかり、運用中は運用管理費用(信託報酬など)や監査費用が支払われています。

1口あたりの価格である基準価格は、純資産総額を総口数で割ったものであり変動するため、元本保証はありません。

分配金落ち後(分配金が支払われた後)の基準価格が個別元本(購入時の基準価格)以上であれば普通分配金といい、下回っていれば特別分配金といいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« 住宅ローン | ホーム

このページの先頭へ