住宅ローン

筆者は以前、不動産関係の会社に勤務していた為、お客様に住宅ローンを紹介していました。現在の住宅ローンは金利がとても安く、借りやすいために大変楽です。

金利は過去最低の金利水準まで下がっています。不動産価格も安く、税金の控除も過去最高です。今、不動産を買う人は、何でもいい条件で買うことができます。
ただし、今の政権が消費税をどう上げるかにもよります。

一番良い点は、銀行金利がほとんどただみたいな金利ということです。人によっては、アパート代よりも支払いが安くなる人もいます。

一戸建てを買ってアパート代より、支払いが安くなるのは、夢のような時代です。しかし、現実は、お客様は、なかなか結論を出してくれません。

不動産価格が、毎年下がるからです。今でも十分に安いの毎年下がるので、余り焦る人が、居なくなりました。これからこのような状況は、続いて行くことでしょう。

銀行は、金利の安い状態が、まだまだ続くと思います。このような時期に買ったほうがいいと思いますが。お客様も色々と、大変なようです。

ほとんどの人が、将来に不安感を抱いています。何か明るい話題が欲しいところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

« 金融商品としての預金 | ホーム | 投資信託 »

このページの先頭へ